最強!ステータスクレジットカード研究所ブログ

今年、私なんぞに【Eメールで】ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが来た話を振り返ってみる

昨日、ダイナースクラブ プレミアムカード(以後ダイナースプレミアム)のインビテーションが来たというエントリーをしました。

こちらはまた別のインビテーションになると思いますが、今年、Eメールでもインビテーションが来てましたので、こちらも情報をシェアしたいと思います。

メール件名:10,000ポイントプレゼント【ダイナースクラブ プレミアムカードへのご招待】
ダイナースプレミアムのEメールでのインビテーション

これは、今年2015年4月に送られた。ダイレクトメールっぽい性質のインビテーション。
件名に「ご招待」とありますので、一応インビテーションの要素を持ちながら、(上記画像からは分からないと思いますが)リンク先のURLにもDMともあり、ダイレクトメールっぽい要素もあります。

さすがに全会員に一斉送信しているとは考えづらいので、一応は何らかの属性でフィルタリングをかけた会員に向け、送信したEメールなんでしょう。

電話での営業も

Eメールが届いてしばらくして、有効期限が残り1週間程度となったころ、シティカードジャパンに登録している電話(携帯電話)に、営業の電話がありました。
ダイナースプレミアムのキャンペーンのメールはご覧いただけたでしょうか……という内容です。
つまり、メールに対するフォロー営業ですね。能動的な営業から、会員数を伸ばす戦略に方向転換したのかでしょうか。

見たと返答し、それ以上の特典が引き出せないか駆け引きしてみましたが(←この時点でダイナースプレミアムのターゲット層ではないw)、無理な模様。
なので、検討してみますと返答して電話を切りました。
80万使って10000ポイントということは、ダイナースは1ポイント0.4円相当の還元だったと記憶してますが、つまり4000円バックでしょうか。
80万で4000円……うーむむ。

そして、申し込んだのか……と言えば。。。否。
せめてもう少し特典があれば、食指がうごくんですけれどねぇ。

何はともあれ、今はダイナースプレミアムが取得しやすくなっていますから、欲しい人はダイナースクラブカードを早めに作った方がいいです。

当サイトのダイナースクラブカードの説明ページ

カテゴリー: ダイナースクラブカード | コメントする

去年、私なんぞにダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが来た話を振り返ってみる

書こう書こうとして、1年が経過してしまいましたが、ダイナースクラブ プレミアムカード(正式名称は長いので以後ダイナースプレミアム)のインビテーションが来た情報の記録として書いておきます。
2014年9月ごろのお話です。

発端は電話での住所変更時

ことの始まりは、引越しのために、電話での住所変更の申し出をした時からでした。
住所変更が終わった際に、

「ダイナースクラブ プレミアムカードにご興味はありませんか?」
とオペレーターの方に聞かれたのです。

私としては、そんな申し出をされるとは思ってもみなかったので、
興味はあるが、私の年収では審査が厳しく発行されないでしょうし、それに使いこなせないように思う……のような感じで答えました。
すると、そんなことは無いです、のような感じに言ってくださり、むしろ積極的な勧誘の意を感じました。

まさかな、とは思いましたがその場では「じゃあ資料だけでも」ということに。

参考までに、属性を(当時)。

  • シティカードジャパンに申請していた年収は、600万か800万のどちらか(忘れた)。※これは入会当時の8年前に申請した年収のまま
  • 30代男性
  • 賃貸マンション

  • 独身
  • 零細企業の経営者6年
  • 会員歴8年
  • 年間決済額 数万~20万前後程度(年間ですよ!)多い年でも30万ちょい程度
  • 他社含め延滞無し

役に立たない情報にしたくないので、できるだけ属性を詳しく書きましたが、改めて文字にしてみると、こんな低属性でいいの!?という感じです。

そして、しばらくしてその資料が到着。なぜか郵送とメール便!?
つまり、普通郵便とメール便それぞれ1通、全く同じ資料が2通届きました(^^;)

ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションが届いた

資料請求程度に思っていましたが、表にはINVITATIONの文字がありますし、インビテーションそのもののようです。
こんなのがある日突然来たら、クレカマニアとしてはビックリしてしまうでしょう(^^)

内容を見てみると、インビテーションなのは間違いなさそうで、よほどのことが無い限り審査は大丈夫ということが予想されます。

diners_premium_invitation02

diners_premium_invitation03

こちらの小冊子に、ダイナースプレミアムのメリットがたくさん記載されていました。詳しく……というよりも、自尊心とか感情に訴えてくる系のものです。あなたにふさわしいプレミアムが、ここにある……とな((^^;)※左ページ見出し)。

diners_premium_invitation04

カード番号を入力するだけでOKの申込書です。サインすらも要らないんですね。

diners_premium_invitation05

これを見る限りでは、「現在お持ちのカード」欄に「シティカード」という項目があり、「追加」のチェックボックスがあるので、シティカードユーザーにもダイナースプレミアムのインビテーションが来る可能性がありますね。

今回はお見送り

……うーん、私程度の年収では絶対に年会費分のベネフィットが得られません。
うりであるコンシェルジュサービスも、多分年1度使うか使わないかでしょう。それほどアクティブに外出しないですから。

それに、レアチケットや、予約の取れない飲食店を予約するわけでもないですし。
コンシェルジュ経由で頼むと、時間を節約できる代わりに、自分でやるよりお金がかかるケースもあるでしょうしね(例えば花を贈るなど、自分でやるなら安いところを選びますが、コンシェルジュ経由だとそうもいかないでしょう)。

こういったサービスは、アクティブかつ時間の価値が高いお金持ちにとっては非常に便利なんでしょうが、正直私のライフスタイル・年収では使いこなせません。
財布の中のお守りにはなりそうですが(笑)

残念ながら、今回はお見送りの運びとなりました。

プレミアムを目指す人は、すぐにダイナースクラブカードを取得しておくべし

今回の様に、私の様な低属性&低決済者にも、会員歴がある程度長く、延滞が無ければインビテーションが来ることが事実として明らかになりました。
したがってダイナースプレミアムを取得したい人は、すぐにダイナースクラブカードを取得しておくべきだと思います。

ダイナースプレミアムは、一時期アメックスセンチュリオンと双璧をなす存在でしたが、現在は年会費や希少性的にも、アメックスプラチナくらいの位置を目指しているのでしょう(むしろセンチュリオンが、年会費を上げ、より高級志向になった感じかな)。

とは言えブランド力としては、ブラックカードであるダイナースプレミアムは依然として高く、センチュリオンには及ばなくても、全カード中Top3に入るくらいのブランド力があると個人的には思います。
おそらく、私以外でもそのように考える方は少なくないでしょう。

そんな高ブランド力のあるカードでも、会員歴が長くなればチャンスがある良い時代になりました(^^)
ダイナースプレミアムを目指している人は、お早めにダイナースクラブカードを作ることをお勧めします。

参考:当サイトのダイナースクラブカードの説明ページ

カテゴリー: ダイナースクラブカード | コメントする

JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションが来た!……と思ったら違った件

10月上旬のとある日。JCBから、なにやら高級感のある封筒が届いていました。
牛革を思わせるような凹凸が印刷された(実際には凹凸は無い)ちょっといい紙の封筒に、金色の箔押しが施されたそれは、直感的にインビテーションを連想させるものでした。

ぱっと見、ザ・クラスのインビテーションか!?(その割には薄くて小さいけど)
と思い心臓の鼓動が高鳴ったのもつかの間。

PREMIREの文字が見え、「なーんだ、ザ・プレミア」のインビテーションかぁ、とちょっとがっかりしました。

プレミアの案内状の表

プレミアの案内状の裏

裏面には、「ワンランク上のステージは目の前に。特別なゴールドカード<JCBゴールド ザ・プレミア>のご紹介です」との記載。

うん、やっぱりインビテーションのように見受けられます。
ご紹介?ご招待じゃなくて!?とは感じましたが。

JCBゴールド ザ・プレミアは来年2月ごろEメール限定での招待だったと思っていたので、ちょっと早く取得できるのか!?と、嬉々として封筒を開けました。

んで送付状。

送付状

ん?

※本ダイレクトメールはご招待状ではございませんので、あらかじめご了承ください。

orz……

私の今年のJCB STAR MEMBERS適用はスターα PLUS、そして現在の集計期間は80万弱ほど使っています。

つまり、今年あとちょっと使えば、もう少しでザ・プレミア招待の対象。
親切な見方をすれば、こんなカードがあるので欲しいなら是非使った方がいいよ、ということでしょうね。。

穿った見方をすれば、これ目指して使えよゴルァ的というようにも思えますが(´・_・`)

たしかに、クレカマニアの私にとってはザ・プレミアのことと今年度の利用金額は百も承知のこと。しかしながら、一般ユーザーにとってはありがたい通知ですよね。
私はと言えば、すでに100万円に達するよう手配をしておりましたが(^^)

私はJCBをゴールドにしてからまだ2回のスターメンバーズ集計期間を経過していないので、これは毎年恒例の行事なのでしょうか。
案内の紙にも書いてますが、現在スターα適用で、利用がある顧客にフィルタリングしてDMを送っているようなので。

まあいずれにしても、一瞬夢を見せてもらい、ワクワクさせてくれたので楽しかったです(笑)
来年はザ・プレミアにしてみようと思います。カードフェイス、もっとかっこいいのにならないかなー。

■参考:説明用紙
説明の紙

カテゴリー: JCB | コメントする

更新カードが届いたら、Amexのカードフェイスがちょっと変わってた

最近忙しいです。
忙しいとは心を亡くすと書くのであまり使いたくないのですが、今は本当に忙しいです。

前回のブログで、Amexの更新をどうしようか迷っていると書きましたが、迷っている内に忘れていて、新しいカードが届いてしまいました。更新カードが届いてしまった以上、解約するのはためらわれたので、結局もう一年、Amexを使ってみることにしました。

……ところが、更新カードの封筒を開封したのがその数ヶ月後のお話(カードだと分かったのは厚みからです)。
せっかくなのでカードフェイスの違い等を書こうかと思ったのがまたその数ヶ月後のお話。

そしてやっと実際に書いているのが今、というていたらくです。
まさしく貧乏暇無しですね。

という訳で、更新前のカードフェイスと、新カードのカードフェイスの違いについて書きたいと思います。

カードフェイスの違い

いま、「あれ、アメックスグリーンって、カードフェイス変わってからもうずいぶん経つよな。最近変わったっけ!?」と思われた方もいると思います。

そうなんです。私の持っていたアメックスグリーンは、新カードフェイス版。そして今回届いたのも新カードフェイス版です。なので違いは無いと思っていたのですが、微妙にマイナーチェンジしていたのでした。

そのあたりをマニアックに書いてみたいと思います。

さて、まずは新旧のカードをご覧ください。

Amexの新旧カード

左が新カードで、右が旧カードです。
この画像では「同じじゃん」と思って当然かもしれませんが、実際はちょこっと違うのです。

カードの色味が変わった

一番簡単に判別できるのは、緑の色が変わったことです。写真で見ると分かりづらいかもしれませんが、以前よりも、緑が若草色を足したような色合いに変更されています。

見て明らかに違いがあるので、おそらく印刷環境の違いレベルではないと思います。

ラメが無くなった

ラメ(キラキラ)がほとんど無くなった

旧カードは表面にラメ(というかキラキラ)がたくさんあったのですが、新カードでは、ラメが無くなっています。厳密に言えば、少しだけあるようにも見えますが、新旧では明らかに異なります。

「日本国内及び海外で使用できます。」が無くなった

「日本国内及び海外で使用できます」の文面が無くなった。

旧カードには、券面左下に、「日本国内及び海外で使用できます。」という表記があったのですが、新カードでは無くなっています。厳密には無くなったというより、裏面に移動しました。これにより、デザインがよりスッキリしましたね。

有効期限の表記が変わった

有効期限の表記が変わった

旧カードでは、有効期限部分が、 XX/XX(開始年月) THRU XX/XX(終了年月) という表記でした。
新カードでは、XX/XX(終了年月)という表記へと変更されています。

これは、旧カードでは百人隊長(真ん中の兵隊さん)に有効期限がかぶっていたのを解消したのでしょう。以前にも、同様の理由(と思われる)から、百人隊長が上に配置されたこともありますしね。
ブランドを重んじるアメックスならではと言えるのかもしれません。

その他

その他裏面の文字の配置が変わったり等ありますが、面白くないので割愛します。
一つだけ挙げるなら、下記の部分。

もしかしてカードフェイスのバージョン!?

もしかしたら、右下の文字はデザインのバージョンかもしれません(旧カードが2007年3月版で、新カードが、2010年3月版!?)。年度末である3月にカードフェイスを見直しているのかなぁ~なんて妄想がふくらみます(^^)

同じクレジットカードでも、こっそりとマイナーアップデートしているものなんですね~。

カテゴリー: Amex | コメントする

Amexのヨドバシカメラ・ポイント即時交換サービスを使ってみた

ヨドバシ商品券

アメックスは、ヨドバシカメラの店頭でメンバーシップ・リワードのポイントをヨドバシカメラ商品券に交換できるという、ユニークなサービスを行っています。

今回ものは試しにと、このサービスを使ってみました。

利用にいたる背景

私はアメックスグリーンを所有していますが、メインカードではないのであまりポイントが貯まりません。あったのが3000ポイントちょい(100円=1ポイントなので、これでも少ないのです)。

ちなみに、今月アメックスの更新月なので、解約しちゃおうかな、どうしようかな、と悶々としていたところ。まあ決めるのは後にして、とりあえずポイントをサクっと消費しちゃおう、というのが今回利用にいたる理由です。

低ポイントで交換できるものも探しましたが、そのあたりのものって、あんまり魅力がないものがほとんどですからね。

まずは注意事項を確認

という訳で、一応オフィシャルサイトで情報を確認。
実際に行ってから「ダメです」と言われたら悲しいですから。

調べたところ、持って行くものはアメックスカードだけでいいみたいです。

注意する点を箇条書きにすると、

  • アメックスのカードを忘れない。
  • 基本カード会員本人のみ交換可能。家族会員はNG。
  • ヨドバシの対象店舗のみ。
  • 対象店舗内の「アメリカン・エキスプレス・カウンター」でのみ受付可能。

それと当たり前ですが、店頭ではヨドバシの商品券以外には交換できません。

実際に交換してみた

大きめの店舗である、新宿西口のヨドバシに行くことに。

たしかエスカレーターの前によくアメックスの勧誘隊がいたことを覚えていたので、そこだと思い行ってみます。
(ちなみに、以前スクラッチを削ってボールペンをもらった記憶があります)

まず「アメリカン・エキスプレス・カウンター」らしきところのお姉さんに、商品券に交換するのはここでいいのかを確認。すると、ここでいいみたいです。

一応何分くらいかかるか聞いてみると「3分くらい」とのこと。
時間が掛かるのであればやめようと思ったのですが、思いのほか簡単なようだったのでお願いすることにしました。

まずアメックスカードを渡すと、PCで会員番号から情報を検索しているようです。

そして「運転免許証や保険証などの身分証明書はお持ちですか」と。
あれ~、そんなことは書いてなかったのになぁと思いながら所持してない旨伝えると、住所を口頭で確認させてくださいとのこと。

口頭で住所を告げて、ポイント数から発行可能な枚数を確認し、最後に署名して完了。
本当に3分くらいで手続きが終わり、無事ヨドバシ商品券をGET。

ヨドバシ商品券の有効期限を尋ねると、特に期限は無いとのことです。
3000ポイントで1000円分ですから、還元率としては良くありませんが、手軽に素早く交換できる点ではいいかもしれません。

というかポイントを消化したのはいいのですが、アメックスを継続するか解約するかは迷いますね~。
最近はダイナースをメインに使っているので必要ないと言えばないのですが、アメックスは何か不思議な魅力があって解約するのがもったいない(笑)

うーん、困りますね。

カテゴリー: Amex, キャンペーン | コメントする

セブンイレブンでアメックスカードを使ってプレゼントをGETできる(かもしれない)キャンペーン

昨年9月13日午前7時より、全国のセブンイレブンでアメックスが利用可能になりました。
ちなみにそれまで使えたクレジットカードはアイワイカードとJCBだけ。今回Amexと同時にVISA, MasterCard, Diners Clubも利用可能になりました。

それに伴い、アメックスでもたくさん使ってほしい!という気持ちの表れか、キャンペーンが始まりましたのでご紹介。

カードを使ってプレゼントキャンペーン@セブン-イレブン
というキャンペーンです。

概要

・全国のセブン-イレブンでアメックスカードを1回につき2,500円以上利用したカード会員がもれなく抽選の対象となる。

・利用するだけで自動的にエントリーされる。別途申込みは不要。

・期間内に1回2,500円以上の利用が複数回あった場合は、その回数分が自動的にエントリー。

キャンペーン期間

2011年1月1日(土)~1月31日(月)

プレゼント内容

抽選で各50名にソニー「デジタル一眼カメラ NEX-3A」もしくは ソニー「デジタルフォトフレーム DPF-XR80」をプレゼント。

というわけで

使えば使う程チャンスがあるので、コンビニによく行かれる方は、AMEXで決済されてみてはいかがでしょうか。(普段私はコンビニはほとんど使わないタイプなので、今回はキャンペーンに参加できませんね、、、)

でも、少額決済の多いコンビニで1回2500円って結構ハードルが高い気もします。なんだかんだでコンビニでクレジット決済する人も少数派でしょうし、意外とライバルは少ないかも!?

カテゴリー: Amex, キャンペーン | コメントする

シティ プラチナカードが一般での申込み可能に!

シティ セレクト VISA プラチナカード

先日三井住友VISAプラチナカードが一般で申込み可能になったばかりですが、
ついにシティプラチナカードも同様に、当月15日より一般申込みができるようになりました。
(サイトをご覧いただいたk様に教えていただきました。ありがとうございます!本当はもっと早くに教えていただいていたのですが、年末で立て込んでおり、やっと投稿できました。)

シティプラチナカードの公式サイトはこちら。

やはり三井住友カードの影響なのでしょうかね~。

ちなみにシティプラチナカードと書きましたが、厳密にはカード名が下記のように変更されています。

旧 「シティ VISA プラチナカード」

新 「シティ セレクト VISA プラチナカード」

加えて、サービスの変更や、年会費の変更も行われました。
(早めに当サイトのシティプラチナカードの詳細ページも修正しなきゃいけませんね!)

カードフェイス

上記画像をご覧いただければ分かるように、フェイスもリニューアルされています。
実物を見てみないと質感などは分かりませんが、Web上の画像を見る限りでは、バックに装飾が施されており、それがちょっとうるさそうな感じがしますね。
主観ですが、高級感は以前の方があるように思います。

年会費

気になる年会費は、36750円。
従来よりも大分安くなりました(2011年1月引落分から、従来のユーザーも適用されます)。

通常、カードの年会費が下がるのであれば、単純にうれしいという人がほぼ全員でしょう。
しかし、こういった上級カードの年会費を下げるというのは難しいところもあると思います。

年会費が安くなれば、うれしくもあると同時に値段分、ブランド力が下がったような気持ちが生まれてしまうという人もいるはずだからです。

もちろんそんなことは百も承知の上での決定でしょうから、個人的には、ダイナースプレミアムとの差別化なのかな、と勘ぐってみました。

シティプラチナは年会費を下げ、一般申込み可にすることによって、ステータス性・希少性は下がりますが、確実に持ちやすくなりました。

それで満足できない人。つまり、もっとステータス性やサービスを追求する人には、同社の発行するダイナースプレミアムをどうぞ、という感じでしょうか。

新サービス

執筆時点における新サービスの情報です(期間が決められているものもあるようですので、詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください)。

プライオリティ・パス
世界100カ国600カ所以上の空港VIPラウンジを使えるサービス。海外によく行く人にはいいですね。
ファスト・トラック(空港VIPエスコートサービス)
海外の対象空港にて出国または入国のサポートをするVIPエスコートサービス。
空港送迎タクシー
シティカードトラベルデスクの利用で、指定場所と空港間のタクシー送迎を手配してくれるサービス。手配ですから、当然タクシー代は別途かかるんでしょうね。
成田空港お見送りヘリコプター
シティカードトラベルデスクの利用で、赤坂アークヒルズヘリポートから成田(佐倉)ヘリポートまでのヘリコプターを手配してくれるサービス。
個人的にはどういう人が利用するんだろう、電車の方が時間に正確で便利じゃん、、、と思いつつも、サプライズにすれば女の子は喜びそう!?(笑)
価格はいくらくらいするんでしょうね。
コートお預かりサービス・手荷物宅配サービス
空港でカードと搭乗券の提示で防寒着1着預かり、または手荷物1個の宅配のいずれかを無料で利用できるサービス。
コナミスポーツクラブご優待プラン
全国のコナミスポーツクラブの法人利用施設を会員優待で利用できるサービス。近くにコナミスポーツクラブがある人にとってはいいですね。
フィットネス優待
フォーシーズンズホテル丸の内東京-お食事付きフィットネスプランと、ハイアットリージェンシー東京 スパ&ウェルネス「ジュール」を優待利用できるサービス。
個人的には魅力を感じませんが、女性にはうれしいのかも。
ボーナスポイントプログラム
年間のカード利用額に応じてボーナスポイントが付くサービス。
オリコやJCBなどでやっているのと同じようなサービスですね。
メインカードとして利用する人にとっては大変うれしいサービスです。
シティカフェラウンジ
対象店舗でカード提示にて、会員とその同伴者1名にウェルカムドリンクを無料で提供してくれるサービス。
こういうのは、ほとんどの人が利用しないでしょうから、あんまり意味無さそう。
キャンセルプロテクション
プラチナカードでの決済による旅行・イベントが特定の事由によりキャンセルとなった場合に発生するキャンセル費用を一人当たり年間20万円まで補償してくれるサービス。
そうお世話になることはないと思いますが、まあついていて損ではないサービスだとは思います。

総評

年会費が下がり&一般申込みができるようになり、確実に持ちやすくなりましたね。
まあ個人的には、サービスは特に心動かされるものはありませんでしたが(見合った収入でないと、使いこなせないということなのでしょう)。

それよりも、VISAの最上級カードとして、今後のカードフェイス改善に期待したいところです。
カードマニアにとっては、カードフェイス一つで持つ・持たないが変わってきますからね(笑)。

カテゴリー: citiプラチナカード, クレジットカード業界ニュース | 2件のコメント

ブログデザインもリニューアル!

先日、サイト(最強!ステータスクレジットカード研究所)のリニューアルを行いました。

がしかし、ブログのデザインはシステムが絡むので簡単には変更できない。。。
なので、とりあえずそのままにしていました。

どうしようかなと思っていたのですが、せっかくの良い機会!
がんばってデザインを統一しました。

以前のデザインは、Mobable Typeのデフォルトデザインだったので愛着が湧かず、あまり積極的に書く気にならなかった(ならもっと早く変更しろ~!)のですが、これなら筆も進む(!?)というものです。

ちなみに、こっそりとブログシステムをMobable TypeからWordpressに変更もしています。
Mobable Typeは再構築が面倒だったのですが、Wordpressはその必要もなく、ストレスがたまらなそうです♪

今までこのブログはほったらかし気味でしたが、せっかく快適になったので、もうちょっと書いていこうと思います。
今後も、最強!ステータスクレジットカード研究所および当ブログをよろしくお願いします!
管理人

カテゴリー: Information | コメントする

三井住友VISAプラチナカードが一般での申込み受け付け開始

mitsuisumitomo_visa_platinum.gif

当サイトサイトリニューアルの際、調査のために三井住友カードのサイトを見ていたらビックリ。
いつの間にか、あの三井住友VISAプラチナカードが一般での新規申込みを受け付けていたのです。
今までインビテーションオンリーだったのが、こちらから申込みできるようになり、嬉しい限りですよね!
サイトの新着情報を見ると、先月(2010年10月)からだそう。
経営者になってからは仕事がハードになったため時間が取れず、定期チェックがおろそかになっていました。
こんな重大ニュースを一月以上遅れて知るとは、クレジットカードオタク失格ですね(笑)

カードフェイス

画像の通り、ブラック×プラチナと、ブラック×ゴールドの二種類から選べるようです。
もし、持つとしたらどっちでしょうね~。
プラチナは上品だけど、色の感じがシルバーっぽいと目立たなすぎ?かも。
ゴールドの方は目立つけど、PLUTINUMという文字がゴールド色はプラチナっぽくない気も。
実物を見てみないと、どちらがいいかちょっと分かりづらいですね。

審査基準

気になる審査基準は、下記の通りです。
原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※三井住友VISAプラチナカード独自の審査基準により発行させていただきます。
要するに、「三井住友VISAプラチナカード独自の審査基準」が厳しいのでしょうが、30歳から持てるということですね。

三井住友マスターゴールドカードPt

面白いことに、マスターカードとの二枚持ちをすると、マスターカードの方は「三井住友マスターゴールドカードPt」」という名称になるとのこと。
これはおそらく、マスターカードインターナショナルよりプラチナの発行権を取得していないから、プラチナという名称を使えないのでしょう。
カードフェイスは見つかりませんでしたが、いったいどんなフェイスなんでしょうね。
(なんだか三井住友のマスターの方はデザインが手を抜かれている気がします。)

というわけで

ずばり欲しい!ですね(笑)
フェイスもいいですし、なんだか新登場という感じで、心がくすぐられます。
とはいっても、ショッピング枠の与信が原則300万円以上ですから、相当な属性が必要だと思われます。
少なくとも、年収1000万円以上は必要なのではないでしょうか。
となると、やはり三井住友VISAゴールドや三井住友VISAクラシックから育てていくのが、一般ピープルとしては近道なのかもしれません。一般ピープルがこんなカード持っても使えないでしょ、というツッコミはおいといて(笑)

カテゴリー: クレジットカード業界ニュース | 1件のコメント

Amexの支払日が変更に!?

ちょっと前にAmexから届いたお手紙。
立て込んでいたので開封せずにしばらくほったらかしていたのですが、
開けてみると、内容は支払日が変更になるというお知らせでした。
なんでも、多くの会員が10日支払日になっているので、必然的にその期間周辺に
問い合わせが増え、お客様を通常より待たせてしまうことになるのだそう。
たしかに、Amexに限らずどこのクレジットカード会社も、支払日周辺は電話がスゴイみたいですね。
(たぶん引き落ちなかったからどうすればいいとか、いくら引き落ちるか教えてという電話が多いんでしょう。)
というわけで、サービスの質を向上させるために、支払日を分散させるとのこと。
でもさすがAmexだなぁと思ったのは、お客を尊重するような手紙になっていたこと。
今回はあくまでも支払日変更によるサービス向上への「賛同のお願い」ということでした。
なので強制ではなく、今月31日までにサービスセンターに連絡すれば、従来の支払日のままです。
その書き方が丁寧で柔らかなので、読んでいて全くいやな感じがせず、むしろ高感度が高い内容でした。
自分もビジネスでお願いのメールを書く難しさを知っているので、さすがだなぁと。
という訳で、かなり遅れてしまいましたが、私も電話して従来のままにしてもらいました。
私のクレジットカードは全てが10日引落なので、一社だけ異なると管理しにくくてやっかいなので。
こういうのを、強制的にやってしまうこともできるのに、きちんとお客の意見を聞いて、柔軟に対応してくれる。
こういうのって、やっぱりいいなぁと思います。
さすがアメックス、普通のクレジットカード会社とはちょっと違いますね。

カテゴリー: Amex | コメントする