最強!ステータスクレジットカード研究所 > クレジットカード用語集 > 個人信用情報機関センター

個人信用情報センターとは

クレジットヒストリーと並んで語られる事も多いのが個人信用情報センターです(個人信用情報機関とも呼ばれます)。クレジット会社の味方でも、私達消費者の味方でもない、第三者的な機関です。

私達がクレジットカードを申し込む時は、その時の申込み情報がそこに登録されます。「なんじゃそりゃ!そんなの同意していない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、申込時の注意事項をご覧になってみてください。例えば紙の申込書の場合なら、大抵裏側ら辺に、信用機関に登録される旨が記載されています。申し込む際は、その内容に同意したことになりますから、信用機関への登録は避けられないのです。

客観的な情報がたくさん掲載されています!

この信用情報は、今までに使ってきたクレジットカードの利用履歴や、お勤め先、お勤め先の電話番号等、様々な情報が掲載されています。ちなみに、その登録内容は、クレジットカード会社によって大きく異なります。限度額までもご丁寧に載せている会社もあれば、ほとんど真っ白な会社もあります。

もし、ここに延滞の情報が載ってしまうとさあ大変!他のクレジットカード会社がその情報を見れば、「こいつは金を返す約束が守れないやつだ」と判断されて、審査に落とされやすくなってしまうのです。(もちろんその逆もまたしかりなので、たくさん使ってクレヒスを磨きたいところですね)

登録だけでは無く、更新もされる

「もうカードは作っちゃったから新規で申し込む事は無いから延滞がついてもいいや」と思った方は要注意。クレジットカード会社は、会員の信用情報を定期的にチェックしています。そして、その情報の更新もします。噂ですが、数ヶ月おきに何度もチェックしている会社もあるとか…。チェックした際に信用情報が大きく悪化していると、次回のカード更新が拒否されたりといった事もありますので、延滞はしないように注意しましょう。

また、延滞の情報だけならまだいいのですが、それよりもっとマイナスになるのが、カード強制退会や、自己破産情報です。俗に言うブラックリスト入りとはこの事を指します。しかし、実際にはその様なリストがある訳ではありません。信用情報が悪化する事を、より直感的に分かりやすい「ブラックリスト入り」という言葉に比喩されているだけです。そのような状態になってしまうと、新規でクレジットカードを作る事はまず不可能。手持ちのカードも没収される可能性があります。

上記で分かるとおり、信用情報はとても大切なものです。ステータスカードを持したいとお考えでしたら、信用情報(クレヒス)をできるだけ育てていきたいですね。

【クレジットカード用語集】カテゴリの記事一覧


最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓