最強!ステータスクレジットカード研究所 > 魅惑のカードたち > 三井住友トラストクラブ

三井住友トラストクラブ

三井住友トラストクラブ・カードフェイス

2015年のクレジットカード業界の一大ニュースと言ってよいでしょう。シティカードジャパン株式会社が、三井住友トラストクラブ株式会社に社名を変更しました。

これは米シティグループが、シティカードジャパン株式会社の全株式を三井住友信託銀行株式会社へ譲渡(売却)することが原因です。日本のシティバンク銀行のリテール事業もSMBC信託銀行に統合され、シティバンクの個人向けビジネスが日本撤退のようですね(法人向け事業は残っているようですが)。

というわけで、三井住友トラストクラブは、シティグループとは完全に資本関係の無い会社になりました。しかし、母体が信託銀行系ということで、これまでのシティバンクの富裕層イメージをいい感じで引き継いでいると感じます。

シティカード → SuMi TRUST CLUB → TRUST CLUBに

社名が変わっていますので、同社が発行していたカード名称である「シティカード」ブランドは、当時「SuMi TRUST CLUB」に変更。そして、2019/07/01、さらに「TRUST CLUB」と変更されています。1つのブランドとして独立しているダイナースクラブカードは、もちろんそのまま変更無しです。

母体と名称が変わっただけですので、今後多少の変更は出てくるとは思いますが、私たちにとっては基本的に変わりはありません。これまで同様、ステータス系クレジットカード1・2の人気を争うダイナースクラブカードを発行している会社として、期待したいですね。

そんな三井住友トラストクラブには、ダイナースクラブ以外にも、当サイト的にお勧めするカードがたくさんありますよ♪

  • 取得難易度S級の、ダイナースクラブ プレミアムカード(ブラックカード)を目指せる
  • VISAプラチナカードを目指せる
  • ワールドエリートカードを目指せる
  • 富裕層御用達。非常にブランド力の高い、人気のダイナースのブランド力
  • 上級カード(ダイナースクラブカード・TRUST CLUB プラチナカード)は、限度額を柔軟に設定してくれる

三井住友トラストクラブの代表カード

TRUST CLUB エリートカード

一般カードが無い同社のカードの中では、最も取得しやすいカード。一般以上、ゴールド未満相当のサービスがあります。

TRUST CLUB ゴールドカード

三井住友トラストクラブが発行する、スタンダードなクレジットカードです。ゴールドがスタンダードなのは同社ならではでしょう。こちらはVISAです。

TRUST CLUB ワールドカード

上記ゴールド(VISA)のMastercard版+Mastercardの上級グレードであるワールドMastercardです。機能・審査のハードルは普通のゴールドとほぼ同様と思われますが、MasterCardの優待サービスであるMastercard Taste of Premiumが利用可能です。

TRUST CLUB プラチナカード

三井住友トラストクラスの、ベーシックなプラチナカードです。

ダイナースクラブカード

ゴールドでもプラチナでもない、ダイナースクラブという名の上級グレード。ステータス系のクレジットカードの代表カードです。

ダイナースクラブ プレミアムカード

クレジットカードのブランド力で言えば、アメックスと1・2を争う超プレミアムカード。インビテーション(招待)制です。

まだまだご紹介しきれていないカードがあるので、随時増やしていきます。

FAQ

三井住友と会社名にあるが、三井住友カードは社内クレヒスになるの?
基本的に、別の会社には個人情報は横流しできません。三井住友カードと、三井住友トラストクラブは全くの別会社です。ですので、社内クレヒスにはなりません。

最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓