最強!ステータスクレジットカード研究所 > 魅惑のカードたち > 三井住友トラストクラブ > TRUST CLUB ワールドカード

TRUST CLUB ワールドカード

TRUST CLUB ワールドカード・カードフェイス
カード名称
TRUST CLUB ワールドカード
クラス
ゴールド
発行会社
三井住友トラストクラブ株式会社
年会費
13,200円(税込)
取得難易度
★★☆☆☆(通常申込可)
審査基準
25歳以上 年収400万円以上

三井住友トラストクラブが発行するゴールドカード相当の、特別なマスターカードがTRUST CLUB ワールドカードです。

このカードの立ち位置=ハイクラスなワールドMastercardカード

実はこのクレジットカード、一見すると少し分りづらい位置にあるクレジットカードと言えます。理由としては、三井住友トラストクラブではベーシックなゴールドカートとして、TRUST CLUB ゴールドカードを発行しているのですが、

当サイトのTRUST CLUB ゴールドカードのご紹介ページ

こちらでは標準がVISAブランドとして訴求しているようです。が、実はMastercard版のゴールドもこっそりあったりします。

じゃあそのMastercardのゴールドと、このリワード ワールドカードはどう違うのか 。ていうかリワード ワールドカードって何者?……ということになりますよね。しかし本カードとゴールドカードを比べてみても、クレジットカード初心者には違いを見つけるのが難しいくらい似ています。

券面は共にゴールド色でほとんど変わりない(券面の文字がGOLDかREWARDS worldとの違いくらい)。公式サイトの情報をぱっと見るだけでは、年会費や基本的なサービスはほとんど変わらなかったりするからです。

一見分りづらい本カードですが、その答えはずばり「ワールドMastercardカード」であるということです。

2019/07/01付けでサービスの改定があり、本カードはゴールド券面のリワード ワールドカードから、ブラック券面のワールドカードに変更されました。そのため、分りやすいカードに生まれ変わりました。

Mastrercardのカードの種類

これを解説するには、前提となる簡単な知識が必要ですので前置きします。

Mastercardが国際ブランドであり、決済機構であることはご存じの方も多いと思います。つまりはMastercard自社ではクレジットカードを発行していません。クレジット会社に発行ライセンスを与えることで、それぞれの会社がMastercard付きのカードを発行しています。

三井住友トラストクラブも、執筆時点(2018/06/24)ではMastercard公式の発行会社です。余談ですが、こういった直にライセンス契約をしているクレジット会社は、プリンシパルメンバーと言います。

話は変わり、クレジットカード発行会社は、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードのような分類があることが一般的です。実はそれと同時に、Mastercardが定める分類もまた別にあるのです。それは、以下の様なものです。

  1. ワールドエリートMastercardカード
  2. ワールドMastercardカード
  3. プラチナMastercardカード
  4. チタンMastercardカード
  5. ゴールドMastercardカード
  6. スタンダードMastercardカード

グレードは上から高い順です。上であるほど多くの、そして良質なMastercardの優待が受けられます。つまるところ、TRUST CLUB ワールドカードは、「ワールドMastercardカード」という、Mastercardの上から2番目のブランドを冠しているクレジットカードというわけです。

○○Mastercardカードだとマスターカードカードじゃないか、と思われるかもしれません。これは、Mastercardというブランド(商標)が付いているクレジットカードの略、として読めば普通だということがわかります。

なお当サイトは登録商標「®」のマークを基本的にサイト全体で省略しています。世の中登録商標だらけで、全部表示するとあまりに冗長すぎるからです。

ワールドMastercardカードでも発行会社により様々

実はワールドMastercardカードと一口に言っても、クレジットカード発行会社によってそのカードのグレードやサービス、年会費は大きく異なります(Mastercardから受けられる優待サービスは少々の差異はああれどおおよそ同じ)。

ちなみに、ワールドMastercardカードは、Mastercardから認められた会社にしか発行できません。執筆時点(2018/06/24)においての、ワールドMastercardカードを発行可能な国内のクレジット会社は、以下です。

  1. 三井住友トラストクラブ株式会社
  2. 株式会社アプラスフィナンシャル
  3. SBIカード株式会社

数あるクレジットカード発行会社の内、たった3社と、非常に少ないことがお分かりになるでしょう。

1は本ページで解説しているTRUST CLUB ワールドカード。券面は金色ですが、ゴールドカードと銘打ってはありません。ですがスペックから鑑みると、ゴールドカード相当のサービスがあるカードです。2019/07/01のサービス改定により、ブラック券面ですが、ゴールドカード+αといったグレードです。インビテーション制ではなく、誰でも自由に申し込めます。

2は、ポルシェカード。ポルシェオーナーのみが申込&所持できる限定カードです。逆に言えば、ポルシェを保有している20歳以上の社会人なら誰でも申込できます。券面はダークグレーっぽいですが、特にプラチナカードとかブラックカード等と銘打ってはありません。スペック的には見る限りプラチナカードクラスでしょうか。年会費2万+税。

3は、SBIワールドカード。SBIカードの最上位カードであり、券面に天然ダイヤモンドが練り込まれている豪華さです。インビテーション制でしたが2018/1/31にSBIカード自体が新規申込み受付を停止しているので、新規の発行は不可。券面は黒っぽいですがブラックカード等と銘打ってはいるかは不明(何しろ公式情報が無い)。しかし明らかにブラックカード的立ち位置です。年会費15万+税。

このように、同じワールドMastercardカードでも発行会社により、想定しているグレードが違います。とは言え上から2番目のMastercardのグレードということもあり、比較的上位グレードのカードが多いです。

TRUST CLUB ワールドカードは持ちやすいワールドMastercard

ここで結論です。TRUST CLUB ワールドカードは、三井住友トラストクラブが発行する、券面はブラックの、ゴールドカード+α“相当”のスペックのワールドMastercardカードである、ということです。

リワード ワールドカードはゴールドカードなの!?と言われれば、券面の色を言うならゴールド(色の)カードです。が、公式ではゴールドと表現せずに「ワンランク上をいく、 ワールドカード」と表記しています。ワールドカードまたはワールドMastercardカードである、という表現が良いのかと思われます。

ゴールドカード+α“相当”のスペックであるため、審査基準もゴールドカードと同じレベルと思っても良いでしょう。事実、公式の入会基準を見ても、25歳以上 年収400万円以上からとなっています。

比較的取得しやすいとは言えワールドMastercardであることは間違い無く、所有感を満たしてくれるカードの一つと思います。当然にMastercardの優待も付いてくるので、同じ年会費であれば同社のVISAゴールドよりも面白いかもしれませんね。

ただ、同社のVISAプラチナを目指している場合は素直にVISAゴールドにした方が良いかもしれません。インビテーションの制限があるかもしれないからです(未確認)。

同社VISAゴールドカードとの違い

同社VISAゴールドカードとかなり近い機能がある本カードですが、改めて違いを書き出してみました。VISAゴールドと迷っている方は参考にしてください。

国際ブランド

まずは、当然ですが国際ブランドがMastercardだということです。VISAと比較されることが多いMastercardですが、ほぼ同じ感じで使えます。

アメリカだとVISAが強くてMastercardはヨーロッパの方で強い……というのが昔からカード業界で言われる定説となっています。が、現在の実態として信用できるものかは分らなくなっています。

少なくとも言えるのは、VISA&Masetercardは両方ともぬきんでた加盟店数を有していること。加盟店数だけで言えば、JCB・Amex・Diners Clubは足下にも及ばないレベルですから、VISAと比べる必要もそう無いと思います。

国内はもちろん、世界中で使える国際ブランドですから安心できますね。

キャンセルプロテクションがつく

TRUST CLUB ワールドカードで決済して申し込んだ「旅行」「イベント」等が、「死亡」「入院」「通院」などの理由でキャンセルになってしまった場合、キャンセル費用が補償されます。

対象となるのは、死亡&入院がカード会員本人・本人の配偶者・本人の1親等以内の親族。補償限度額は、年間で10万円までです。

通院が、カード会員本人・本人の配偶者・本人の子供。補償限度額は、年間で3万円まです。

※保険適用には細かい規定がありますので、詳しい内容は公式のパンフレットをご覧ください。

年間何度も死亡・入院・通院でキャンセルになることは考えづらいですので、10万(通院は3万)ついているだけでもかなりカバーできることでしょう。

実はこのキャンセルプロテクション、同社のプラチナカード以上にしか付いていないものです。同社のVISAゴールドには付いていませんので、リワード ワールドカードの優位点と言えるでしょう。

Mastercard Taste of Premiumが利用可能

これぞTRUST CLUB ワールドカードの真骨頂。ワールドMastercardカードの特典の名称がこの「Mastercard Taste of Premium」です。特典内容の確認方法として、Mastercardの公式サイトがあります。ただし該当ページではカード番号の10桁を入れないと確認できません。

ちなみに同じワールドMastercardカードでも、発行会社(カード)によって多少の差がある(?)ようです。

申込を検討しているユーザーとしては全て表示されていて欲しいところですが、これは仕方ありません。とは言え調査したところ、かなり多くのサービスを提供していることが分りました。

※2020年12月まで個別のサービスをご紹介していましたが、定期的に追加・変更があるため最新の情報に保つことが難しくなり削除いたしました。

還元率

還元率もクレジットカード選定の大事な指標です。最も効率の良いと思われる、Amazonギフト券に交換した場合でまとめてみました。この場合、還元率は1%ですので、同社のVISAゴールドカードと同じですね。100万円利用時の還元率は、なかなかだと思います。

年間利用金額 ボーナスポイント
(Amzonギフト券相当の金額)
通常ポイント 合計還元率
50万円 2500
(833円)
15000
(5000円)
1.166%
100万円 6000
(2000円)
30000
(10000円)
1.2%
150万円 6000
(2000円)
45000
(15000円)
1.133%

TRUST CLUB ワールドカードの詳細スペック

TRUST CLUB GOLD CARD INFORMATION
公式サイト TRUST CLUB ワールドカード
クラス ゴールド
発行会社 三井住友トラストクラブ株式会社
年会費 本会員:13,200円(税込)
家族会員:年会費無料
取得難易度 ★★☆☆☆
目立ち度 ★★★★☆
還元率 1%~1.2%
1ポイント=0.333円
※Amazonギフト券に交換した場合
※リボを使えばもう少しポイント還元率を上げられますが、手数料で本末転倒なためここでは考慮に入れていません。
審査・入会基準
25歳以上 年収400万円以上
※入会に際して所定の審査があります。

同社のVISAゴールドと同様と推測される。多重申込にも比較的寛容!?

備考

あこれがのワールドMastercardカードを低額の年会費で持つならこれしかないという一枚です。

同社のVISAプラチナを目指さないならお勧め。

上位/下位カード

※上記評価は当サイト管理人による調査をもとにした評価であり、絶対的な評価を意味する訳ではありません。また、上記審査基準や年会費は、執筆した時期のものです。変更は随時していますが、最新情報はオフィシャルサイトでご確認下さい。

【魅惑のクレジットカードたち】カテゴリの記事一覧

アメリカン・エキスプレス
三井住友トラストクラブ
三井住友カード
ジェーシービー
JALカード
ANAカード(エーエヌエーカード)

最強!ステータスクレジットカード研究所TOP

3大人気カードの「何か!?」がもらえるキャンペーンページ
↓↓その時その時で特典があるキャンペーン特設ページです↓↓